レセプトの作成
Top 最終更新日 2018/07/14
   

■ 

【診療報酬明細書の記載要領】
問4 初診料の注1に規定する施設基準を届け出ている保険医療機関は、診療報酬明細書の「届出」欄の「歯初診」を○で囲むことになっているが、初診料及び再診料の経過措置期間内に従来の点数で算定する場合においても○で囲む必要があるか。
(答)初診料及び再診料の経過措置期間である平成30年9月30日までの診療分に係る診療報酬明細書については、「届出」欄の「歯初診」を○で囲んでいなくても差し支えない。【疑義解釈(その4)平成30年5月25日】

★ 090903: レセプトの頭書き

# 年月欄: 通常は診療月を、(未)においては作成月を記載する。
# 都道府県番号: 医療機関の存在する都道府県番号を記載する。
# 医療機関コード: 各医療機関のコードを記載する。
# 名前: 名前を記載する。社保本人は便宜的に「姓」だけの記載可。現在は、レセコンでレセプトを打ち出すことが多いので、「姓」だけであろうが、「姓名」であろうがさほどの変わりはないが、以前は手書きが多かったので「姓」だけを書いた方が楽でした。家族と違って社保本人はその保険資格に1名しかおりませんから。
# 性別: 男・女
# 生年月日: 通常「生年」の記載だけで可。ただし、6才未満の患者は「生年月日を記載。
# 保険者番号: 
# 記号・番号
# 公費番号等
# 特記事項: 補管の施設基準の届出に○を付ける。(平成30年4月改正で、○をつけるのは「補管」だけになった)

★ 090818: 便宜病名
保険診療を扱う場合、病名は3つあると言われている。
(1) カルテ記載の病名
(2) レセプト記載の病名
(3) 便宜病名

(1)は例えば急性化膿性歯周炎(急化Per)などのいわゆる正式病名であり、(2)はそれから派生したレセプト記載用の略称であり、この場合にはPerとなる。このように(1)(2)に関しては関連性がある病名だが、(3)はいわばレセプト審査から発生したいわば事務的な病名である。その代表的なものは以下のとおりである。

(3)−イ: Brの支台の病名
例えば、右上6番が欠損でВ境イ裡贈鬚鮑鄒修垢訃豺隋■沓気共にう触の無い生活歯の場合のレセプト病名はВ境ァВ唯圓箸覆襦しかし、たとえばイ失活歯でFCKなどの処置がされている場合には、イ法FCK不適・C3処置歯」といった病名が必要とされている。
(3)−ロ: 義歯修理の病名
義歯が破損して修理する場合の病名は「義歯破損(破折)」でありこれは解りやすい。ではこの場合にはどうであろうか?
右上4番をPulで抜髄をしてFCKを装着したが、4番は765のPDの鉤歯で4のクラスプが不適となった。そのため4番のクラスプを除去し、新しいクラスプを作製して義歯につけた。この場合実態的な病名は「765:PD(義歯)不適」であり、しいていえば摘要欄に「4番鉤不適で再製」と記載するくらいだろうか?ところが「PD(義歯)不適」で修理を算定すると返戻になることがほとんどだ。従って、こういった場合には「765:PD(義歯)破損」という病名を記載することになる。

このように、事務手続き?上の便宜病名というものが存在し、「カルテに無い病名がレセプトに出てきたり」「カルテと異なる病名がレセプトに出てきたりする」場合がある。 

統計表示