その他
Top 最終更新日 2018/05/01
平成30年4月点数改正の青本もどきのTop 「平成30年4月点数改正の青本もどき」の利用上の注意
目 次 索 引

第3章 経過措置

1 平成30年9月30日までの間における区分番号A000(初診料)の1(感染予防対策)については、「237点」とあるのは「234点」、同注9(外来環境加算)については、「23点又は25点」とあるのは「25点」、区分番号A002(再診料)の1については、「48点」とあるのは「45点」、同注8については、「3点又は5点」とあるのは「5点」とする。

2 旧算定方法別表第二区分番号A000の注1及び区分番号A002の注1に係る規定については、平成30年9月30日までの間は、なお従前の例による。

3 平成30年9月30日までの間における区分番号C000の注13については、「237点」とあるのは「234点」、「48点」とあるのは「45点」とする。

4 区分番号C000の注14に係る規定は、平成30年9月30日までの間は、適用しない。

5 第2章の規定にかかわらず、区分番号H000の注4後段及び注5、区分番号H000−3の注4後段及び注5に規定する診療料は、平成31年3月31日までの間に限り、算定できるものとする。 

■ 告示

特掲診療料の施設基準等の一部を改正する件

厚生労働省告示第四十五号

平成三十年三月五日

第十七 経過措置

二 平成三十年三月三十一日において現にかかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所に係る届出を行っている診療所については、平成三十二年三月三十一日までの間に限り、第三の六の二の三に該当するものとみなす。

■ 通知: 平成30年度診療報酬改定における経過措置の取扱いについて

■ 厚生労働省の資料より

 〇科初診料、歯科再診料: 平成30年9月30日までの間、従前の点数により算定する。

◆ 攣楡澳霆燹杙科外来診療における院内感染防止対策に係る施設基準: 平成31年3月31日までの間、院内感染防止対策に係る研修を受けた常勤の歯科医師が1名以上配置されているものとみなす(初診料の注1に規定する施設基準、地域歯科診療支援病院歯科初診料の施設基準)

 院内感染防止対策の届出を行っていない保険医療機関の歯科初診料、歯科再診料: 平成30年9月30日までの間、従前の例による。

ぁ ̄‘盍鏡防止対策の届出を行っていない保険医療機関の歯科訪問診療料の注13に規定する点数: 平成30年9月30日までの間、従前の例による。

ァ ̄‘盍鏡防止対策の届出を行っていない保険医療機関の歯科訪問診療料の減算: 平成30年9月30日までの間、適用しない(歯科訪問診療料の注14に規定する減算)

Α〇科外来診療環境体制加算1、2、再診時外来診療環境体制加算1、2: 平成30年9月30日までの間、従前の点数により算定する。 

А 攣楡澳霆燹杙科外来診療環境体制加算1、2の施設基準: 平成30年3月31日において、歯科外来診療環境体制加算に係る届出を行っている保険医療機関は、平成30年9月30日までの間、歯科外来診療環境体制加算1又は2の施設基準を満たすものとみなす。

─ 攣楡澳霆燹曚かりつけ歯科医機能強化型診療所: 平成30年3月31日時点で、かかりつけ歯科医機能強化型診療所を届け出ている診療所については、平成32年3月31日までの間に限り、改定後のかかりつけ歯科医機能強化型診療所の施設基準を満たしているものとみなす。

 【施設基準】在宅療養支援歯科診療所2: 平成30年3月31日時点で、在宅療養支援歯科診療所を届け出ている診療所については、平成32年3月31日までの間に限り、在宅療養支援歯科診療所2の施設基準を満たしているものとみなす。

統計表示